ゆるキャリウーマン、奥様はじめました!

働く新米主婦が徒然なるままに気になるモノ、コトを発信していきます☆

妊娠・出産

里帰り出産のメリットとデメリットは?気をつけることなど

投稿日:

出産時に里帰りをするか否か。

妊娠したら考えるべきことの一つですよね。
特に初めての出産だと産後の育児が不安なので里帰りを希望する人も多いのではないでしょうか。

筆者も里帰りをした一人です。
(妊娠34週~産後の一カ月検診まで)

自身の経験をもとに里帰りをするメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

里帰りを検討している人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  

里帰り出産のメリット

里帰りのメリットは何と言っても慣れない育児のサポートをしてもらえることです。

特に旦那さんの仕事が忙しく帰りが遅い場合はワンオペ育児になりがちですが、
子育てのペースを掴むまで実家の援助が受けられるのはとても心強いもの。
家事も実家に甘えさせてもらえれば育児に専念することができます。

産後の体調面も個人差はありますが、
自分で思っている以上に体はダメージを受けています。

産褥期と言われる産後の時期にしっかり体を休めることができたり、
実家のサポート受けながら赤ちゃんのお世話の練習ができるのは里帰りならではのメリットです。

筆者の経験上、生後1カ月は授乳の間隔も短く想像以上に睡眠不足になりがちだったので、
親にちょっと赤ちゃんをみてもらって休ませてもらったりしてました。
(授乳しながら寝落ちするのも一度や二度ではなかった・・・)

里帰り出産のデメリット

筆者が考える里帰り出産のデメリットは、

①旦那さんが産後1カ月の赤ちゃんの成長をみられない。
②旦那さんと一緒に育児のスタートが切れない

ことだと思います。

だいたい出産後1カ月ほど里帰りする人が多いかと思いますが、
特に②について、里帰りから自宅に戻る頃には自分が1カ月だけ育児の先輩になってるわけです。

そうするとどういうことが起こるかというと、
慣れていない旦那の育児が危なっかしくてイラっとしてしまう場面が出てきます。

スポンサーリンク

ついつい口出しをしてしまうこともありますが、
旦那さん側からしても「一生懸命やってるのに文句言われるんじゃ育児やりたくないなー」
なんて育児に消極的になってしまったら本末転倒です。

父親の自覚をもってもらうためにも、出来る範囲で里帰り先に会いに来てもらえるといいですね。

筆者宅でも週末会いに来てくれた旦那がご機嫌で沐浴をしてくれているのですが、
口出ししたいのをグッと我慢しながらも、あまりにも危なっかしくてヒヤヒヤしながら見ていた覚えがあります。
(区の両親学級で沐浴指導があって、そこで褒められた旦那氏は自信満々でやってました)

子供に会えるのが本当に嬉しい様子だったので、1カ月の成長を間近でみせてあげられないのはちょっと申し訳ない気持ちにもなりましたが。。

里帰りする時に気をつけること

里帰りには事前の準備も必要です。
里帰りをする際に以下のことに気をつけましょう!

①里帰りの時期

里帰り先までの距離にもよりますが、妊娠36週以降はいつ陣痛がきてもおかしくありません。

移動中に陣痛が始まってしまっては大変なので、
母子の安全を第一に考え、妊娠32~34週までには帰るようにしましょう。
(転院先の病院から指示がある場合は指示に従うようにしましょう)

②手荷物は少なめに

帰省の際は身体のことを考えて手荷物はなるべく少なめに。
荷物が多くなりそうなときは宅急便を利用したり、旦那さんに運んでもらいましょう。

③夫との連絡は密にする

里帰り中にお願いしたい事、家事の事など里帰り前によく話し合っておきましょう。
また、産後の里帰りの場合は、子供の様子も写真などと一緒にこまめに伝えるようにして
夫婦一緒に育児をしている感覚を共有するようにしましょう。

まとめ

自分の体の事や、一人になる旦那の事を色々考えると
里帰りするべきか否か悩んでしまいますよね。

賛否あるかと思いますが、筆者は里帰りして良かったと思っています。

旦那さんや実家ともよく話し合って、ストレスの無い妊娠生活を送ってくださいね。

スポンサーリンク

-妊娠・出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

妊婦が焼き肉を食べても大丈夫?気をつけるべきポイントとジンクスについて

「出産には体力が必要なので肉を食べて精をつけたい!」 「でも焼肉って妊娠中に食べても大丈夫なのかな?」 そんな疑問を持ったことはありませんか? 妊娠中はお腹の子供の安全を考えて何かと気をつけることが多 …

妊娠したら腹帯はいつから必要?腹帯の効果や選び方について

妊娠も中期に入ってくると、お腹が目立ちはじめるもの。 腰も痛くなってきたし腹帯を巻いた方がいいのかな?なんて思いながらも いつ頃準備をすればいいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。 今回は、 …

出産後の手続きの順番は?誰が手続きをするの?事前に準備できることなど

辛い出産を終えて、感動の我が子との対面。 楽しいながらも、右も左も分からず慣れない育児に奔走してしまうものですよね。 しかし、子供が生まれたら諸々の手続きもしなければなりません。 初めての場合は特に出 …

産後の結婚式の参列はいつから?参加する場合と欠席の場合について

出産予定日の1~2ヵ月後の日程で友人の結婚式にお呼ばれすることってありますよね。 スポンサーリンク 招待状は式の数カ月前に発送されますので、 頂いた時点ではまだ子供が産まれていないことも多いもの。 初 …

大田区民が里帰り出産をした場合の助成費用返金請求 手続きの流れなど

出産に向けて、里帰りを考えている人も多いと思います。 里帰り先がすぐ近所なら問題ないのですが、 区が変わったり、県をまたいだりすると妊婦検診の助成券が使えなくなりますよね。 一旦立替払いをして、後から …

はじめまして!

いち華(いちか)です☆

大田区在住のワーキングマザーです!

2018年に第一子となる娘を出産し、

夫と娘と3人で暮らしています。

初めての育児にバタバタな毎日ですが

育児の息抜きも兼ねて、日々の気になる事やお出かけしたことなど徒然なるままにブログを書いています。

よろしくお願いします!