ゆるキャリウーマン、奥様はじめました!

働く新米主婦が徒然なるままに気になるモノ、コトを発信していきます☆

コスメ・スキンケア

唇の皮がむけたときの対処法

投稿日:2017年8月29日 更新日:

夏は冬ほど空気が乾燥するわけではありませんが、

エアコンが効いた室内などで長時間過ごすことも多く、唇の皮むけに悩んでる人も多いのではないでしょうか?

唇が荒れていると、リップメイクのノリも悪くなるし、

いくら可愛いメイクをしても唇の印象ひとつでとても残念な印象になってしまいますよね。。

かくいう私もオフィスが乾燥しすぎていて一年中リップクリームが手放せないタイプです。

 

同じような悩みをもつ人に向けて
今回は、唇の皮がむけたときの対処法をご紹介したいと思います。

 

 

唇の皮がむけたときの状態

乾燥して唇の皮がむけてしまう状態は、唇の角層表面だけがむけている場合が多く、
角層は1週間もすると新しく生まれ変わります。
なのでそのまま放っておいても自然に治ってしまうのですが、無理に引っ張って奥までむけてしまうことによって治りが遅くなってしまうのです。

早くキレイに治す方法

早く治すためには、実はリップクリームよりも保水力、密閉性の高いワセリンがおすすめです。
(ワセリンはドラッグストアなどで1000円以下で手に入ります。)
家庭にあるラップの真ん中に切り込みをいれて唇パックをすると湿潤療法のような状態になり皮向けも治りやすくなります。

スポンサーリンク

皮むけが治るまでティントリップなどは注意して使いましょう

皮がむけている状態で上から口紅やグロスなどを使う場合、唇にも負担がかかることを知っておいてください。
最近流行りの”落ちないリップ”や”ティントリップ”などは、染料が入っているものが多く、クレンジングの際に負担になることが多いです。

皮むけが治るまでは、顔料主体のアイテムを使うことをおススメします。
ラメ入りのものも物理的刺激になる場合がありますので、避けた方がベターです。

染料:粒子をもたない物質で、液体全体に色がついているため皮膚の角層まで色づかせることができます。
 顔料:水や油には溶けず、粉砕して微粒子の粉末原料にして配合しています。
 皮膚に吸収されない大きさの粉体で、皮膚の表面に付着するだけなので肌に色が染まってしまうことはありません。
 一般的なリップクリームは顔料主体となります。

スポンサーリンク

-コスメ・スキンケア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【リプライセル】を1週間飲み続けたらもう手放せなくなった話

リプライセルはモデルさんにも愛用者が多い超高濃度ビタミンCのサプリメントです 個人的にもビタミン系のサプリで最も効果が実感できたものです。 (あくまで個人の感想であり、本製品は医薬品ではないことはご了 …

はじめまして!

いち華(いちか)です☆

大田区在住のワーキングマザーです!

2018年に第一子となる娘を出産し、

夫と娘と3人で暮らしています。

初めての育児にバタバタな毎日ですが

育児の息抜きも兼ねて、日々の気になる事やお出かけしたことなど徒然なるままにブログを書いています。

よろしくお願いします!