ゆるキャリウーマン、奥様はじめました!

働く新米主婦が徒然なるままに気になるモノ、コトを発信していきます☆

季節の行事

浴衣を着るときに肌着は必要?着る際のポイントや代用できるものなど

投稿日:

夏のデートで浴衣を着たいと思っている人も多いと思います。

浴衣を買って、帯を選んで、下駄も準備オッケー!
しかし、浴衣の下に着る肌着のことを忘れていませんか?

今回は浴衣の肌着の役割や着方、代用できるものなどを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

浴衣を着るときに肌着は必要なのか?

そもそも浴衣の肌着って本当に必要なのでしょうか?

「普通のブラとショーツの上から肌着無しで着ちゃダメなの?」

そんな疑問を持つ人もいるかもしれません。

肌着は浴衣の下に着るインナーの役割を果たすものです。

皆さんも普通の洋服を着る際に、汗の吸収の為にキャミソールを着たり、
下着が透けるのを避けるためにペチコートを履いたりするかと思います。

肌着の役割もそれらと同じです。

肌着の主な役割は、

・汗を吸収してくれる

・下着が透けるのを防ぐ

特に浴衣を着る時期は気温も高く汗をかきやすいので、気持ちよく浴衣を着こなすためにも
肌着は必要!と考えてよいでしょう。

ちなみに肌着には、簡単に着ることができるワンピースタイプと、上下が分かれている二部式の肌着があります。

〇ワンピースタイプ

〇二部式タイプ

浴衣の肌着の着付けのポイントは?

浴衣の着崩れを防ぐためには、肌着を着る段階で綺麗に補正しておくことが重要です!

まず、肌着そのものの着姿は以下のポイントを確認しましょう!

①衣紋(首の後ろの部分)がしっかり開いているか。
 →浴衣を着てここが詰まっていると垢ぬけない印象になってしまいます。

②肌着全体にシワやたるみがないか。

③裾が長すぎないか。(くるぶしから10センチくらい上が目安)

そして、肌着を着た後は浴衣の着付けの出来を左右する大事なポイント、
いかに体を寸胴にするかです!!

浴衣は、体の凹凸をなくすほどキレイな着姿になりますし、着崩れもしにくくなります。

自宅で簡単にできる補正のやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

胸の補正

①胸が大きい人

胸の大きい人が普段のブラジャーを着用してしまうと、
帯の上に胸が乗ってしまい老けて見えてしまいます。

出来るだけ和装ブラやスポーツブラを使用するようにしましょう。

和装ブラを使ってもなお胸が目立つ場合には、
胸の下部分の和装ブラの内側にたたんだ手ぬぐい等を挟むようにすると凹凸がなだらかになります。

②胸が小さい人

胸が小さい人(胸板が薄い人)は、和装ブラの上部に畳んだ手ぬぐいなどをはさむと、
ふっくらとしたシルエットをつくることができます。

腰の補正

腰の補正には、家庭にあるタオル(分厚すぎないもの)を使用しますが、
透けるのを防ぐためになるべく白っぽい色を選ぶのがおすすめです。

①補正したい腰のくびれ位置に縦に2つ折りにしたタオルを当てます。
 (後ろから前に持ってくるイメージ)

②タオルの上から腰ひもを巻き蝶結びにします。
 (きつく結ぶ必要はありません。)
 腰ひもが余った場合は、垂らしておくのではなく、巻いた部分にねじ込みましょう。

※ウェストのくびれが大きい人は、巻いたタオルの上(背中側腰の位置)にさらにもう一枚畳んだタオルを乗せて
腰ひもで巻くときれいに補正ができます。

タオルで補正をするのが面倒くさい人は、補正専用のグッズも売ってます↓

浴衣の肌着は他のもので代用できる?

肌着が大事なのはわかったけれど、
1年に1回着るかどうかな浴衣なので、肌着を何も持っていない場合など、
わざわざ買うのをためらったりしちゃいますよね。

もちろん浴衣用の肌着を揃えるのが一番なのですが、
冒頭にも書いたようにインナーの役割を果たすのが肌着なので、

自宅にあるキャミソールペチコートで代用することも可能です。

ただし、あまり派手な色味のものは避けるのがベターです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

快適に浴衣を着こなすためにも肌着は必須です。

補正も慣れれば一人でも簡単にできますので、正しく浴衣を着て浴衣でのお出かけを楽しんでくださいね。

☆浴衣を着た後のお手入れについても書いています 
→ 浴衣を脱いだ後のお手入れ方法!目立つ汚れやしわの取り方など

スポンサーリンク

-季節の行事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

潮干狩りでとったあさりの持ち帰り方は?砂抜き方法と保存方法について

春の行楽シーズン! 家族でレジャーに潮干狩りに行こうと考えている家庭もあるのではないでしょうか。 貝を取るのはすごく楽しいけれど、 取った後のあさりをどうやって持ち帰ればいいのか悩んでしまうことってあ …

1歳の誕生日に準備するもの!飾り付けや一升餅はどうする?

子供が1歳の誕生日を迎えました。 産まれてからもう一年経つんだなぁ、、、 色々大変なことも多かったけど、 振り返ってみると本当にあっという間でした。 いくつになっても誕生日はおめでたいものですが、 1 …

寒中見舞いを頂いた場合返事は必要?いつまでに出す?文例は?

年始の恒例行事「年賀状」 身内に不幸があって年賀状を出せないケースもありますよね。 その場合には喪中はがきで 「近親者に不幸があったので、申し訳ないですが年賀欠礼いたします」の意を伝えるものですが、 …

ひな祭りの食べ物は?お菓子の由来やハマグリの意味など

ひな祭りの食べ物といえば、ちらし寿司が有名ですよね。 小さい頃はうちわで出来立てのちらし寿司を仰ぐのが私の仕事だったなぁと懐かしくなります。 スポンサーリンク ちらし寿司の他にも、雛人形に飾られている …

クリスマスに赤ちゃんとイルミネーションが見たい!おススメの場所は?

せっかくのクリスマス! 赤ちゃんを連れてイルミネーションを楽しみたいと考える人もいますよね。 スポンサーリンク でも、、、 クリスマス時期は寒いし、風邪をひいたら大変。。 ぐずったりしたらどうしよう …

はじめまして!

いち華(いちか)です☆

大田区在住のワーキングマザーです!

2018年に第一子となる娘を出産し、

夫と娘と3人で暮らしています。

初めての育児にバタバタな毎日ですが

育児の息抜きも兼ねて、日々の気になる事やお出かけしたことなど徒然なるままにブログを書いています。

よろしくお願いします!