ゆるキャリウーマン、奥様はじめました!

働く新米主婦が徒然なるままに気になるモノ、コトを発信していきます☆

季節の行事

節分で恵方巻の食べ方は?保存方法や次の日の食べ方について

投稿日:

2月3日は節分ですね!

豆まきももちろんですが、
今では恵方巻を食べる日としても外せない行事の一つになりました。

恵方巻を買う派の人も手作り派の人それぞれだと思いますが、
恵方巻の正しい食べ方ってちゃんと理解していますか?

また、沢山作ってしまった(買ってしまった)けど1日で食べきれずに困っている人はいませんか?

今回は、恵方巻の正しい食べ方と残った時の保存方法、次の日の食べ方について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

節分で恵方巻の食べ方は?

そもそも恵方巻とは、節分の日にその年の恵方
(吉方ともいう。その年の福徳を司る神様がいる方向で、たたり神が巡ってこない最も良い方角)を向いて食べると縁起が良いとされている太巻き寿司のことです。

ちなみに2018年の恵方は、南南東(やや南)となります。

食べる際にいくつか注意点があり、
・「縁を断ち切らないように」長い1本の太巻き寿司を切らずに丸かじりする。
・食べている途中にしゃべると福が逃げてしまうと言われており、無言で食べきる。

この他にも、地域によっては「笑いながら食べる」「目をつぶって食べる」などあるそうです。

今でこそ、コンビニからデパートまで実に様々な具材を使って豪華恵方巻などの販売されておりますが、
もともとは、七福神にちなんで七種類の具材を使って作る物とされていました。

恵方巻の保存方法

恵方巻をたくさん用意しすぎてその日のうちに食べきれなかった!

なんてことも良くある話ですね。

恵方巻を保存する場合、冷蔵庫で保存することになりますが、
そのまましまってしまうと、乾燥でご飯がカピカピになってしまいます。

スポンサーリンク

なので、恵方巻をキッチンペーパーで包んでからラップを巻いて冷蔵庫で保存しましょう。
(この時に冷蔵室よりも野菜室で保存する方が、乾燥を防ぐことができるのでおススメです。)

冷凍庫での保存は、解凍した時に風味が落ちるので絶対にやめてください。

どうしても常温で保存する場合は、温度の低い玄関などで保存するようにしましょう。

どちらにしても、恵方巻には魚などの生ものが使われている場合も多いので、
翌日には食べきるようにしましょう。

恵方巻の次の日の食べ方について

次の日もそのまま食べてもいいのですが、ご飯がパサついてしまうので違う食べ方はできないものか。

ここでは、恵方巻を翌日食べる際のアレンジ案をご紹介します。

お茶漬けにして食べる

①冷蔵庫から出した巻きずしをレンジで1分ほど温める。

②器に温めた巻きずしとお好みの具材(梅干し、わさび、しそ等)を入れる。

③熱々の緑茶をかける(または市販のお茶漬けのもととお湯をかける)

④かき混ぜれば出来上がり!

チャーハンにして食べる

※こちらは恵方巻の具材によってはハズレになる可能性のあります。

①具材とご飯を分ける。海苔もはがしておく。

②ご飯はあらかじめ酒を振り軽く炒めておく(固まったご飯をほぐすため)。
炒めたら一度取り出す。

③好みの具材(ハムや卵等)を炒める。

④①で取り出した具材を合わせて炒める。

⑤④にご飯を戻して、塩コショウや醤油などで好みの味付けにする。

焼きおにぎり風にして食べる

①恵方巻を食べやすい大きさにきる。

②表面に醤油をぬり、フライパンで両面を焼く。
(ごま油を使ってやくと香ばしくておいしいです。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

実際にあの太くて長い恵方巻を一人で丸かじりするのはなかなか大変なので、
個人的には切って食べても差し支えないと考えています。

そしてアレンジ次第では2日目も美味しく食べることができるので、
ぜひ好みの食べ方を見つけてくださいね!

スポンサーリンク

-季節の行事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マンションで雛人形の飾り方のアイデアをご紹介!スペースがなくても大丈夫!

スポンサーリンク 娘の初節句に雛人形を飾りたい! でもマンションやアパート住まいで雛人形を飾るスペースがない”(-“”-)” 雛人形どうしよう・・・ そ …

丸の内イルミネーション2017 歩き方や混雑を避ける方法や所要時間

ハロウィンが終わると街はいよいよクリスマスムードが漂います。 クリスマスデートの定番といえばクリスマスイルミネーション 今年も各地で様々なイルミネーションが開催されます。 「イルミネーションが見たいけ …

雛人形の処分はどうする?人形供養や寄付する方法

女の子の健やかな成長を願って買い揃えた雛人形。 子供が成長して家を出たり、 結婚したりするとそのお人形は晴れて「お役御免」となります。 思い出のつまった雛人形を大切に保管するのももちろん有りなのですが …

ドイツ村のイルミネーションに子連れで行きたい!授乳場所や混雑回避方法など

クリスマスに東京ドイツ村のイルミネーションを見に行きたい! できれば子供も連れていきたい! そう考えている方もいらっしゃるかもしれません。 子供、特に赤ちゃん連れだと、 授乳できる場所はあるか、寒さ対 …

子供とクリスマスにホームパーティをしたい!クリスマスケーキやゲームなど

クリスマスは家族でお家パーティーをしよう! せっかくのクリスマスだし子供が楽しめるようなパーティーにしたいけど 何をしたらいいの?? そんなママさんもいるかもしれません。 今回は、お家でクリスマスパー …

はじめまして!

いち華(いちか)です☆

大田区在住のワーキングマザーです!

2018年に第一子となる娘を出産し、

夫と娘と3人で暮らしています。

初めての育児にバタバタな毎日ですが

育児の息抜きも兼ねて、日々の気になる事やお出かけしたことなど徒然なるままにブログを書いています。

よろしくお願いします!