ゆるキャリウーマン、奥様はじめました!

働く新米主婦が徒然なるままに気になるモノ、コトを発信していきます☆

季節の行事

神社に参拝するときの作法が知りたい 服装や時間帯など

投稿日:

年明け最初のイベントといえば初詣ではないでしょうか。

神社好きな私は毎年どこの神社に行こうか悩んでしまいます。

ところで神社に参拝するときの作法ってご存知ですか?

毎年何となく参拝している人もいるかもしれませんが
今回は神社に参拝するときの作法について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
  

神社に参拝するときの作法は?

参拝ときくと、鈴のついたしめ縄を鳴らすところからをイメージする人もいるかもしれませんが、じつは神社の鳥居をくぐる前から守るべき作法があるのです。

参道の歩き方

では実際に参拝をするときの作法について書いていきます。
まずは、拝殿(お願いをする場所)までの参道を歩くさいの作法をご紹介します。

神社の入り口には鳥居がありますが、
鳥居をくぐる前には軽く頭を下げて会釈しましょう。
(鳥居がいくつもある神社の場合は、各鳥居の前で会釈をするのがマナーです。)

また、参道の中央は正中と呼ばれ「神様の通る道」とされていますので、
参拝の際には、正中を避けて端を歩くようにしましょう。

手水舎の作法

鳥居をくぐると手洗い場がありますよね。

これは手水舎(てみずや・ちょうずや)といいます。
かつてイザナキノミコトが行った禊をし心身の穢れを払うものとされています。

みなさん、しっかり手を洗ってから参拝していますか。
まさか手を洗わずに神様にお願いなんてしていませんよね?

手水舎での作法は以下のとおりです。

①ひしゃくを右手で取って流れる水をくみ、左手を洗う。
②ひしゃくを左手に持ち替えて今度は右手を洗う。
③再び右手に持ち替えて洗った左手に水をためて口をすすぎます。
 このとき、ひしゃくに直に口をつけるのはマナー違反とされますので注意してください。
 また、水を飲んでしまわないように注意してくださいね。
④再び左手に水をかけて洗います。
⑤最後にひしゃくを垂直に立てて、残った水を流して柄の部分を洗います。
⑥ひしゃくをもとの場所に戻します。

正しい作法で手・口を清めて、清々しい気持ちで参拝に臨みましょう。

拝殿での作法

いよいよ拝殿で神様にお願い事をします。
ここでの作法について紹介します。

スポンサーリンク
①拝殿の前で軽く一礼する。
②お賽銭箱にお賽銭を入れる。
③縄を引いて鈴を3回ほどならす。
④深く二礼し、二回手を鳴らしお願い事をする。
※お願い事をするときには、自分の住所・名前を神様に伝えるのを忘れないようにしてください
⑤最後にもう一度深く礼をする。

上記が基本ですが、神社によって多少拝殿のルールが異なることがありますので、
事前に確認するとよいでしょう。

神社に参拝するとくの服装は?

神社に参拝するときに決まった服装はあるのでしょうか。

普段の参拝(一般参拝)でしたら基本的に「どんな服装でもよい」とされているようです。
(とは言え、ジャージやジーパン、サンダルなどお家でくつろぐスタイルや、派手な色や柄の洋服は
神社の景観を損なうので避けた方がベターです。)

しかし、七五三など拝殿にあがる「正式参拝」の場合は、
フォーマルな正装で臨むのがマナーです。
拝殿にあがる際に裸足なんてもっての外です。
不安な場合は靴下を持参しましょう。

男性ならばスーツ、女性ならスーツの他に落ち着いたワンピースなど正装で参拝しましょう。
和装(着物や袴など)も伝統的な正装なのでおススメです。

意外な盲点かもしれませんが、女性で注意したいのが靴です。
神社は階段の上り下りがキツかったり、砂利の上を歩いたりする場合も多いので、
高いヒールは避けた方が無難です。

考えすぎるとわからなくなりそうですが、
ざっくり言うと、常識的な大人の服装ならば問題ありません。

神社に参拝するときの時間は?

神社に参拝する際におススメの時間帯は「午前中(朝一)」です。

特に効果のある時間帯は、朝5時~7時の間です。

神社に人が少なく、雑念が少ない時間だからというのが大きな理由です。

私も参拝するときはなるべく午前中に伺うようにしていますが、
確かに朝の時間はとても空いているので、参拝もしやすく朝の空気も澄んでいてとても気持ちがいいです。

もちろん夜の時間に参拝してはいけないわけではありません。

あくまでおススメは朝ですが、ご自身の都合の良い時間に参拝されてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今まで何となく参拝していた方は作法の多さにびっくりしたのではないでしょうか。

せっかく時間を使って参拝するのですから、正しい作法で気持ちよく行いたいものです。

次回の参拝の際には、今回ご紹介した作法をちょっと意識してみてくださいね。

スポンサーリンク

-季節の行事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母の日のプレゼント花以外で60代におススメは?物以外やいらないと言われてしまった場合など

こんにちは! いち華です☆ もうすぐ母の日。 今年のプレゼントはもう決めましたか?? 毎年何かしらプレゼントを送っているけれどそろそろネタ切れ。 お花は散々贈ってきたので、 今年はできればお花以外のも …

お賽銭はなぜ必要?語呂合わせで縁起のいい金額やマナーについて

初詣など神社を参拝する際に、お賽銭を入れない人はいないのではないでしょうか。 しかし実際、お賽銭て何のために必要なのかご存知でしょうか。 スポンサーリンク また、入れる金額に悩んだことはありませんか? …

浴衣を脱いだ後のお手入れ方法!目立つ汚れやしわの取り方など

夏は花火大会やらお祭りやら楽しいイベントが盛りだくさん! 彼がいる女の子は浴衣デートを楽しみたいと思っている人もたくさんいるんじゃないでしょうか? しかし、この日の為にはりきって準備をした浴衣でも 夏 …

おせちは1日あれば準備できる!準備の手順やワンプレートのすすめ

年末が近づいてくると考え始めるのが新年の準備。 特に「おせち」をどうしようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 忙しくて準備する時間がない、作ったことがない。 スポンサーリンク もちろんデパート …

鏡開きって何?やり方と割った餅の食べ方など

玄関に飾られた鏡餅を見ると、「お正月が来たんだな」って感じますね。 子供のころは、姉妹で鏡餅のミカンを取り合っていた記憶があります。 スポンサーリンク お正月の締めくくりともいえる鏡開きですが、 どん …

はじめまして!

いち華(いちか)です☆

大田区在住のワーキングマザーです!

2018年に第一子となる娘を出産し、

夫と娘と3人で暮らしています。

初めての育児にバタバタな毎日ですが

育児の息抜きも兼ねて、日々の気になる事やお出かけしたことなど徒然なるままにブログを書いています。

よろしくお願いします!