ゆるキャリウーマン、奥様はじめました!

働く新米主婦が徒然なるままに気になるモノ、コトを発信していきます☆

季節の行事

母の日のプレゼント花以外で60代におススメは?物以外やいらないと言われてしまった場合など

投稿日:

こんにちは!
いち華です☆

もうすぐ母の日。

今年のプレゼントはもう決めましたか??
毎年何かしらプレゼントを送っているけれどそろそろネタ切れ。

お花は散々贈ってきたので、
今年はできればお花以外のものを送りたい。

そう考えている人もいるのではないでしょうか。

今回は実際に筆者が送った、
お花以外で喜んでもらえたプレゼントをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

母の日のプレゼント 花以外で60代におススメなのは?

母の日といえばカーネーションのイメージが強いですよね。

記憶をたどれば、
私も小学生の頃から母の日にはカーネーションを贈っていた気がします。

社会人になってからはカーネーション以外のものを何とか考えながら贈っています(*^-^*)
というのも、ウチの母はお花が好きではなかったのです・・・(難しい)

母も60代に突入し、以前にも増してなにかとこだわりが強くなったように感じます(*´з`)
そんな母に贈ったもので特に喜ばれたものをご紹介します。

フェイシャルエステ

身だしなみにはこだわりをもっている母なので、
フェイシャルエステは喜ばれました。

ちなみにボディのエステもプレゼントしたことがあるのですが、
体形にコンプレックスを持っている母は全身裸になるのに多少抵抗があったようで、
フェイシャルほど喜ばれなかったです。。

まぁ、あくまで我が家の場合ですが(*´ω`)

60分のオイルトリートメントが時間としても丁度良いようです。

最近では親子のペアエステができるところも多く、
一緒に行くと母も楽しそうにしてくれて良かったです☆

個人の感想ですが、
大手のエステサロンだと、勧誘がしつこいこともあるので規模の小さい個人サロン等をおすすめします。

ヘッドスパ

フェイシャルと似た感じになりますが、ヘッドスパも喜んでもらえました!

本人的には髪の毛が薄くなっていくのが本当に辛いみたいで
丁寧にケアしてもらえるヘッドスパは嬉しかったみたいですね。

高級シャンプー

「歳をとると、髪の毛も大事」と言っているのを聞いて、
普段なかなか買わないような高級シャンプーをプレゼントしました。

とても気に入ってくれたようで、今でもリピートしてくれてるみたいです。

ただ、ノンシリコン系のキシキシした洗い上がりは好みによるので注意が必要です!

日傘

母の日を過ぎると夏はもうすぐ!
最近の夏は特に暑いですよね(*´Д`)

日傘は1度買ったらなかなか買い替えるものでもないので、
夏のお出かけに日傘必須の母にはとても喜ばれました。

ただ、日傘といってもデザインや機能も色々なので、
一緒に買いに行って好きなものを選んでもらいました。

薄くて、四角いあの人…

はい、「現金」です。
諭吉先生です。

賛否あるかとおもいますが、結局好きなことに使ってもらえるので間違い無かったです。

ズバリ現金に抵抗がある人は、「商品券」「ギフト券」として贈ってもいいかもしれませんね(*^-^*)

スポンサーリンク

母の日に物以外にはこんなものも!

上記では喜ばれた物をご紹介しましたが、
まわりの先輩ママさんに聞くと、

「孫を連れて遊びにいく」
「孫の写真をアルバムに入れて贈った」

という声も意外と多かったです。
もちろん,どの家庭もすごく喜ばれたそうです。
やはり孫は特別なんですね☆

筆者も今年の母の日には娘を連れて遊びに行こうと思います。

孫を溺愛している母はさぞ喜ぶことでしょう(^^♪

母の日のプレゼントはいらないと言われてしまったら

家庭によっては、前もってお母さんから

「母の日のプレゼントはいらないよ!」と言われている人もいるかもしれません。

必ず何かを贈らなければいけないわけではないので
もちろんプレゼント無しでも問題ないのですが、
子どもとしては何かを送りたい場合もありますよね。

そんな時は、日ごろの感謝をお手紙にして渡してみてはいかがでしょうか。

口では恥ずかしくて伝えられない気持ちも手紙なら伝えやすいのではないでしょうか。

SNSがメインの今だからこそ、あえて手紙を渡すのも味があっていいですね!

なんか手紙ってかしこまってしまう、、、
という場合は小さいメッセージカードでもいいと思います(^^♪

60代の母に送るプレゼントまとめ

少しはアイデアの参考になりましたでしょうか?

母の日は日頃の感謝を伝えるいい機会です。

贈り物は高価である必要はまったくありませんし、
お母さんのために選んだものならきっと喜んでもらえます。

イベントに乗っかって、
普段なかなか伝えられない感謝の気持ちと一緒にプレゼントを贈り、お母さんを目一杯喜ばせてあげてくださいね!

スポンサーリンク

-季節の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おみくじの引き方は?結ぶか持ち帰るか 有効期間はあるの?

年明けは神社に初詣に行く予定の人も多いのではないでしょうか。 「おみくじ」は初詣にいったときの楽しみのひとつですよね。 スポンサーリンク 毎年その年の運勢を占う意味で何となくおみくじを引いているかもし …

ひな祭りの由来とは?初節句のひな祭りは何をする?雛人形は誰が買う

3月3日はひな祭り。 年に1回の女の子だけのお祝いの日なので 女の子が生まれたばかりのお家は初節句の為に雛人形を準備したり色々大変ですが、 可愛い我が子の健やかな成長を祈るものなのでとても楽しい時間で …

母の日のプレゼントにお花以外のおススメは?体験型や手紙のすすめ

5月の第2日曜日は母の日ですね。 日頃の感謝を込めて贈り物をしようと考えている人も多いのではないでしょうか。 スポンサーリンク しかし、毎年の事となると「今年は何を送ろう・・・」と悩んでしまうもの。 …

雛人形の処分はどうする?人形供養や寄付する方法

女の子の健やかな成長を願って買い揃えた雛人形。 子供が成長して家を出たり、 結婚したりするとそのお人形は晴れて「お役御免」となります。 思い出のつまった雛人形を大切に保管するのももちろん有りなのですが …

喪中はがきへ返事は必要?友人へ返事を出したい場合の寒中見舞いの文例など

12月に入ると知人から喪中はがきが届くことがあります。 スポンサーリンク 新年の年賀状を辞退する旨を知らせる書状なので、 こちらからの年賀状も控えるのが一般的ですね。 しかし、普段から親交のある親しい …

はじめまして!

いち華(いちか)です☆

大田区在住のワーキングマザーです!

2018年に第一子となる娘を出産し、

夫と娘と3人で暮らしています。

初めての育児にバタバタな毎日ですが

育児の息抜きも兼ねて、日々の気になる事やお出かけしたことなど徒然なるままにブログを書いています。

よろしくお願いします!