ゆるキャリウーマン、奥様はじめました!

働く新米主婦が徒然なるままに気になるモノ、コトを発信していきます☆

子育て

0歳児に絵本はいつから読ませる?選び方やおすすめなど

投稿日:

まだまだ視力がはっきりしていない0歳の赤ちゃん。

絵本の読み聞かせがいいと聞きますが、
一体いつ頃から始めればいいのか悩んでしまうママさんもいるかと思います。

今回は、0歳の赤ちゃんに絵本はいつから読み聞かせをさせるか、
選び方やおすすめの絵本を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

0歳の絵本はいつから始める?

0歳の、特に月齢の低い赤ちゃんの視力はまだはっきりせず、
ぼんやりとしか見えていません。

絵本なんか見て分かるの!?

と思うかもしれませんが、赤・黒・白などコントラストのはっきりした色は認識できることが分かっています。

なので退院後すぐに読み聞かせを始めて問題ありません。
本屋や赤ちゃん用品店に行くと0ヵ月から読める絵本が売っています。

0歳児の絵本は本人が見て楽しむのももちろんですが、
ママやパパの声で読み聞かせをすることによって
赤ちゃんにとってとても刺激的な楽しい時間になるし、親子の愛着も深まりますので
無理のない範囲で早いうちから積極的に読み聞かせをしてあげてください。

余談ですが、読み聞かせの際には、

・赤ちゃんと目線を合わせて

・肌が触れ合うように

読み聞かせをすると赤ちゃんも安心して絵本に集中することができるようです。

0歳の絵本の選び方

本屋に行くと赤ちゃん用の絵本が星の数ほど並んでいます。

一体どれを選んだらいいのか悩んでしまいます。

赤ちゃんが自分で選べれば一番なのですが、月齢が低い赤ちゃんだとそうもいきませんよね。

0歳の読み聞かせで大事なのは、
『赤ちゃんに心地よい声で語りかけること』です。

ママやパパから明るく心地よい声で絵本を読んでもらうことで
赤ちゃんも落ち着いた気持ちで楽しむことができるのです。

心地よく読むのを助けるポイントをご紹介します。

一つ一つのセリフが短く、リズムがあるもの

「もぐもぐ」「どんどん」「ばぁ!」など
短くてリズミカルなセリフは赤ちゃんの耳にも残りやすく、
また、読み手にとっても語尾が上がってトーンの高い声が出やすくなります。

単調なセリフなので読み手も読み方をアレンジできますので
結果、赤ちゃんも「楽しい!」と感じ絵本に興味を持ちやすくなります。

繰り返し同じもの(動物など)が出てくるもの

例えばひよこさんをメインに話が進む絵本の場合、
それぞれのページで

「ひよこさんは〇〇へ行きました」
「ひよこさんは▲▲と出会いました」

のような構成になっていると赤ちゃんは繰り返しひよこさんと出会うことになります。

そうすることで赤ちゃんは「次はどうなるんだろう」とワクワクすることができます。

読み聞かせをする側も、「次はどこにいくんだろうね」「さっきと一緒だね」
など赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら絵本を読むことができます。

イラストが大きく、配色のコントラストが強いもの

前述のとおり、月齢の低い赤ちゃんの視力はまだまだぼんやりしています。

イラストが大きく、色がはっきりした絵本だと赤ちゃんも認識しやすく、
お気に入りのページに手を伸ばしたり、目で追ったりする反応も見られますよ。

ボードブックタイプの絵本を選ぶ

こちらは読み聞かせというより長く使うためのポイントなのですが、
紙の絵本だと赤ちゃんが舐めてボロボロになったり、お口に入れてしまったりします。

ボードブックのように分厚いページの絵本を選ぶと安心です。

0歳の絵本におすすめは?

ほんの一例にはなりますが、
筆者自身や周りの先輩ママさんから教えてもらった0歳児におススメの絵本をご紹介します。

筆者のまわりでは目新しい絵本よりも
定番の絵本が長く愛されている印象です。

じゃあじゃあ びりびり

擬音の繰り返しのみの絵本ですが、色もはっきりしていて子供の食いつきが良いです。

擬音なので、読むほうも大げさに読んだりするなど読み方に変化をつけやすく、
大人が楽しんでいる雰囲気が伝わるのか子供も楽しんでいます。

いないいないばぁ

優しい絵とテンポの良い言葉でシンプルな絵本ながら
赤ちゃんが笑顔になります。

読み聞かせをする親自身も子供のころに読んでいた人も多いのではないでしょうか?
時代を超えて愛される名作です。

しましまぐるぐる

学研から出ている「一緒にあそぼ」シリーズです

他にも赤・黄・緑のシリーズ絵本があります。

0ヵ月から読み聞かせができる絵本で、
色鮮やかなので赤ちゃんの目をひきます。

筆者のまわりにも赤ちゃんの食いつきが良いと評判の絵本です。

最近は布絵本も出ているようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) [ 柏原晃夫 ]
価格:950円(税込、送料無料) (2018/10/1時点)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

赤ちゃんとのコミュニケーションツールとして最適な絵本。

ぜひ親子で好みの絵本を見つけてみてくださいね!

スポンサーリンク

-子育て
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一升餅 その後はどうする?保管方法や切り方のコツについて

「一升餅」 1歳のお誕生日に、 一生食べるものに困らないようにと願いを込めてお餅を背負わせる伝統行事。 お誕生日のお祝いでする家庭も多いですよね! 楽しく可愛く我が子の成長をお祝いしたその後、、 お餅 …

コープデリの特徴は?離乳食お試しセットはどんな感じ?赤ちゃん割引や注文方法など

こんにちは! いち華です☆ 赤ちゃんを育てるママさん、 毎日離乳食のメニューを考えるのってなかなか大変じゃないですか? かくいう筆者も 「離乳食は手作りで☆」という自分の首をしめるだけの謎ルールのもと …

離乳食の10倍粥の作り方!お米から・炊飯器で・ご飯から作る方法

5カ月に入って大人の食事に興味を持つようになってきたし、そろそろ離乳食を始めよう 最初は10倍粥から始めるんだよね って10倍粥ってどうやって作るの?? なんて人もいるのではないでしょうか。 お恥ずか …

お宮参りの場所の決め方は?写真や食事場所の予約について

赤ちゃんが産まれてから初めての大きなイベント「お宮参り」 漠然と、赤ちゃんが産まれてから30日頃 (正確には男の子は生後31・32日/女の子は生後32・33日) に行うものだということはわかるのですが …

1歳の誕生日に準備するもの!飾り付けや一升餅はどうする?

子供が1歳の誕生日を迎えました。 産まれてからもう一年経つんだなぁ、、、 色々大変なことも多かったけど、 振り返ってみると本当にあっという間でした。 いくつになっても誕生日はおめでたいものですが、 1 …

はじめまして!

いち華(いちか)です☆

大田区在住のワーキングマザーです!

2018年に第一子となる娘を出産し、

夫と娘と3人で暮らしています。

初めての育児にバタバタな毎日ですが

育児の息抜きも兼ねて、日々の気になる事やお出かけしたことなど徒然なるままにブログを書いています。

よろしくお願いします!